みたか循環器内科について
施設紹介

ヘリカルCT

ヘリカルCTを使った肺癌検診は従来の胸部X線撮影やCTを使った方法と比較して患者様の負担が少なく、より正確に初期の肺癌を検出することができ、早期肺癌の診断に最も優れた方法であると言われています。
他の肺疾患、頭部疾患、腹部疾患に対しても優れた診断能力を発揮します。
ヘリカルCT

超音波検査(エコー)

検査する部位にゼリーを塗り、超音波をあてて画像で診断する検査です。当院では心臓、腹部(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓など)、頸動脈、甲状腺等を行っています。
腹部のみ当日の食事制限がありますがその他は事前準備は必要ありません。
超音波検査(エコー)

ホルター心電図

24時間連続して心電図を記録することができます。狭心症・不整脈の診断・治療効果の確認や睡眠時無呼吸症候群の検査を行います。小型・軽量化されていますので他人に気付かれず、不快感も極めて少なく検査することができます。
ホルター心電図

運動負荷心電図(エルゴメーター)

運動負荷により安静時には見られない変化を誘発して潜在性の心疾患(主に虚血性心疾患)を診断するための検査です。
心病変があるのは承知の上でリハビリテーションや治療効果も検討する目的で使用することもあります。その場合は心電図上に変化の出る運動負荷量を目安に治療やリハビリテーションの効果を測定します。
毎水曜日 12時のみ
運動負荷心電図(エルゴメーター)

動脈硬化測定

上肢と下肢の血圧を同時に測定することにより、動脈硬化に伴う血管の硬化の状態と下肢の血管の閉塞の状態を評価することができます。動脈硬化症・閉塞性動脈硬化症の診断に有効です。
動脈硬化測定

自由行動下24時間血圧測定

15分~30分ごとに24時間自由行動下の血圧を測定し記録します。高血圧症の診断・治療状況の把握に用いられます。
自由行動下24時間血圧測定

緊急血液検査装置

検査結果が約5分で分かる血液検査装置です。貧血の程度や体内の炎症反応を評価することができます。病気の重症度を判定できるので、病院への紹介や早期治療開始の必要性を判断するのに役立ちます。
緊急血液検査装置

胸部X線装置

12誘導心電図装置